散歩道:ATACメンバーが日常の話題を綴っています。


散歩道アーカイブス(会員の名作を抜き出しました。各表題をクリック下さい)



太平洋ひとりぼっち 

中学校に入った頃、太平洋を渡ったマーメイド号が京都駅前の百貨店で展示されていると

聞いて友達と見に行った。(写真

それは本当にちっぽけなヨットで、こんなもので太平洋を渡ったのかと驚いたことを覚えている。

購入した「太平洋ひとりぼっち」という文庫本を、書棚の奥から引き出すと、

限られたスペースに物を詰め込む当時の準備の大変さが克明に書かれている。

GPSも衛星携帯電話も無い時代、天測とビーコンだけで航路を定めた

その堀江謙一氏が83歳で逆方向で太平洋を渡った。

人間の探究心、冒険の意欲は年齢を重ねても衰えないものだと感心した。

話は初航海に戻って、サンフランシスコに入港した時、もちろんパスポートもビザもないので不正入国になる

しかし、当時のサンフランシスコ市長の「コロンブスもパスポートを持たずにアメリカ大陸に来た」の一言で

堀江青年の偉業をたたえ、名誉市民として迎え入れたとの話は胸に響く。             (2022年6月5日 坂井記)                                      


本の匂い、珈琲の香り(続編)

  以前、この「ATAC散歩道」に駄文を書いた丸善が再開されたと聞いて、京都に出た機会に訪問しました。

2005年に一度閉店したのですが、10年以上の時を経て再開された新しい店舗は大型商業ビルの地下にありました。(左写真)

 昔と同じように専門書や洋書が広いスペースを埋めています。また高級文具や事務用品の展示・販売があり、地下2階には喫茶と軽食のコーナーもちゃんとありました。

31歳の若さで肺結核により没した梶井基次郎の代表作である「檸檬」(大正141月)に、「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆彈を仕掛けて來た・・・」と書かれていたために、10年前の閉店時には作品の上にレモンを置いて帰る人が多発したと報じられていましたが、新しい店舗にはちゃんと文庫版の「檸檬」の横にレモンのバスケットと記念スタンプが置かれていました(下写真)。 美しくなった丸善は、しかし何かが違うんですね。これは外観ではないノスタルジーと言うべきもので、もう一度行きたいとの気持ちは不思議に湧きません。あれほどあこがれたコーヒーを飲まずに帰ってきました。

 ところで、昔読んだ懐かしい本はインターネットの「青空文庫」で無料で読めます。作者別、作品別の索引が充実していて、それらを見ているだけでも楽しいものです。また目が悪くなった現在、文庫本を読むのは厳しいですが、ネットですと大きな画面でとても楽に読めるメリットが有ります。

 ありがたいことにほとんどの作品は 旧字旧仮名と新字新仮名の両バージョンがあります。機械作業で、スキャナーで読み取られただけの海外の電子ブックとは違い、ボランティアが手で入力したものです。

 実はつい先日までこの無料の青空文庫は最悪のピンチに遭遇していました。それは他でもないTPPです。TPPでは著作権が作者の没後70年に改められる予定でした。米国の新大統領によりTPPが空中分解したおかげで、このまま著作権が70年に伸びなければ、山本周五郎(2018)三島由紀夫(2021)志賀直哉2022年)、川端康成(2023)無料でネットで読める日が近くなります。                                                                                                                                                                                  (坂井記)

著作権に関する追記(2021年10月30日):

環太平洋連携協定(TPP11が2018年12月に発効したことによ日本の著作権法が改正され、著作権の保護期間は、

従来の「著作者の没後50年まで」から、「没後70年まで」に延長されました。これにより山本周五郎三島由紀夫

志賀直哉、川端康成などの作品は青空文庫での無料公開は20年後になりました。

ちなみに楽曲や映画も著作者の死後70年まで保護されていますので、印刷・配布物やWebsiteへの画像引用や

投稿動画のBGMなどに使う場合は注意が必要です。(坂井記) 


ATAC25周年記念講演会録 

 

・講演 『強みを活かす ~違いを超えた人財育成~』

・講師: 白光() 代表取締役社長 吉村 加代子 氏 

平成 28年9月29日  於: 大阪科学技術センター大ホール

 

  ATAC25周年おめでとうございます。こんなに大きなイベントで話をする機会は初めてです。ためになるアカデミックなお話は天野先生にお任せし、私は私らしく、楽しく白光()の日常をお話しします。

 

 白光()1952年に 父吉村 博(故人)が鍛銅工具及びはんだこての製造販売を行う会社として創業しました。父は冶金の専門で自身のその知識、経験を以て戦後の日本の産業復興に貢献したいと強い思いをもっておりました。その熱い志と様々の関係者のご助力によりはんだ付け関連器機、溶解炉、金属鍛造加工等の関連企業を展開することができました。現在、はんだこてをはじめとする、温度コントロール機器のメーカーとして60カ国以上のお客様にご愛顧頂いています。ATACとの関係は父がOSTEC事業・MATE研究会(異業種交流グループ)に参加しておりましたが、その活動の中から出来た企業退職者によるコンサルティング集団と聞いております。長いお付き合いです。そして私の運命を変えたのがその当時のMATE研究会のメンバーです。

 

社長業はドラマチック“169人の母親業


 真田幸村

 いま、NHKの大河ドラマ「真田丸」と大阪城築城400年で、真田幸村が盛り上がっています。

大阪城のある一帯の上町台地には寺院が多くあり、寺町とも呼ばれています。

昔の真田丸もこの地域にあったのです。実は我が家の墓のある菩提寺もこの地区にあります。

先日も墓参りのついでに真田丸の遺跡をみてきました。

今まで毎年墓へお参りにいっていますが真田幸村のことで調べて見たいと言う気にはならなかったが、

やはりドラマの影響なのかその気になりました。

 わが家の墓のある寺院は丁度真田山公園の前にあります。

この公園は昔、戦時中には騎兵隊があった場所です。正面には騎馬兵の銅像が長い間ありましたが、

現在は台座のみがあるだけです。この地域には学校も多くあり、文教地区になっています。

丁度我が家の墓のある寺院の裏には高津高校があり、少し離れたところには学制改革の前は

女子高では大阪で一番と言われた清水谷高女(現清水谷高等学校)また、明星学園、

大阪女学院(旧ウイルミナ学院)などがあります。私の本籍もこの地域にありますが

住居表示が変更になったので、いまではどの辺りか見当がつきません。

 写真の真田幸村の像(下写真)と抜け穴は近くの三光神社にあります。

顕彰碑は明星学園のグランドの壁に最近設けられました。

その顕彰碑の前の寺院には真田幸村出丸の跡があります。

幸村の座像と「さなだ松」は少し離れた天王寺の一心寺の前の安居神社にあります。

興味のある方は一度訪れられては如何ですか。

                                                                                                                 (藪野 嘉雄)